染め替え(黒染め・色染め) よくある質問

  染替え(黒染め・色染め)に関してお客様よりよく頂くご質問についてご回答させて頂きます。  
  Q1. 衣料に色褪せ・色むら・色焼け・があります。 それらを綺麗に落として元の色に戻すことは出来ますか?
  Q2. 衣料に汚れがついています。汚れを落としてから染め替えが出来ますか?
  Q3.染め替えが出来ない素材はありますか?
  Q4.着物や反物の染め替えは出来ますか?
  Q5.2種混紡・2種交織とは何ですか?
  Q6.沢山の素材が混ざっていますが、染め替えできますか?
  Q7.脱色して衣料が傷むことはないですか?
  Q8.裏地がついていますが、染め替えはできますか?
  Q9.肩パットが入っていますが、問題ありませんか?
  Q10.中綿が入っていますが、問題ありませんか?
  Q11.羽毛が入っていますが、問題ありませんか?
  Q12.ジーンズの腰の後ろについている「革パッチ」(紙製のパッチも含む)の取り外しと縫いつけをそちら
で行ってもらえませんか?
  Q13.「タブ」について
  Q14.ラインストーンやスパンコールがついていますが問題ありませんか?
  Q15.衣料にレースが付いていますが同じように染まりますか?
  Q16.衣料に刺繍がされている、または刺繍のワッペンがついていますが 一緒に染まりますか?
  Q17.オーガニック染料での染め替えを頼めますか?
  Q18.ボンティング加工の衣料は染め替えを頼めますか?
  Q19.素材アセテートは染色できますか?
  Q20.形状記憶の衣料は染色しても影響はありませんか?
  Q21.ダウンの染替えはできますか?

   
  A1.
衣料を元の色に戻す場合は、まず脱色をして色褪せや色むらを取り除いてから、元の色へ染め替えを致します。ただし、色焼けは脱色をしましても濃淡として残ってしまいますので、衣料の状態によっては元の色よりも濃いお色への染め替えをご提案する場合がございます。
 
  A2.
「汚れ」には沢山の種類があり脱色しても効果がない為、部分的に汚れを落とす作業に入ります。
完全に落ちない場合は、汚れが目立たないようなお色のご提案など、出来るだけお客様のご希望に添えるようにご相談させて頂きます。
また目では確認できない油汚れなど、中にはいくら洗っても取れない汚れがございます。
これらは事前に見つける事が困難な為、染め替え完了後に発見されることがございます。申し訳ございませんがこうした場合にはお客様に報告しご相談させて頂きます。
※染め替え衣料は事前に洗濯をし十分に汚れを落としておいて下さい。
 
  A3.
ございます。下記の種類はお断りをしております。
●アクリル(acrylic)
アクリル繊維は、羊毛に似た特徴、風合の良さ等からセーターを始めとしたアウター、インナー等ニット製品に多く使われています。
●ケプラー(kevlar)
防弾チョッキやコーティングに使われる「ケプラ(ケプラー)」という素材があります。これは特殊化学合成繊維で磨耗に非常に強く、高温・耐薬品性にすぐれていま。
●羽毛を使用した製品
羽毛はひじょうに柔らかく染色による収縮、傷みが生じやすい為お断りしております。
●ボンディング生地、またはボンディング生地を使用した衣料
ボンディング生地は、表面の生地に他の生地や不織布などを接着して出来ている生地のことです。この生地は、高温での染色の際に接着部分がとけて生地が破損してしまいますので、染め替えはできません。
●アセテート
●ゴアテックス
●レインコート    など
 
  A4.
着物や反物の染め替えも多く承っております。
しかし、一般的な衣料とは染め替えの工程が異なりますので、料金が変わってまいります。詳しくはお気軽にお問合せ下さいませ。
また着物につきましては弊社関連サイトの「着物のお手入れ」のページを参考になさって下さい。
http://www.yamasou-kyoto.co.jp/cleaning/index.html
 
  A5.
綿、ポリエステル、ウレタン、麻・・・など沢山の素材がありますが、2種類の素材から出来ている衣料の事です。縫い糸がポリエステルで布が綿の場合もこれにあてはまります。
 
  A6.
数種類の素材が混ざっていても染め替えは出来ます。ただ、各素材の種類や割合、ご依頼の内容にもよりますので、お気軽にお問合せくださいませ。
 
  A7.
脱色によるダメージにつきましては、衣料によって大きく異なります。
ウールやシルクなどデイケートな素材や繊維は脱色を行うと痛みと縮みが出やすいので不向きです。
また接着芯地が使用されている衣料は、脱色の際に接着のりがとけてしまい、衣料が破損しますので不向きです。Tシャツやシャツ、ジャケットなどでも、シンプルなものであれば基本的には問題ありませんが、多少なりとも脱色にはリスクがございますので、 できるだけ脱色は行わないことをお勧めします。ボタンも変色してしまいます。
またプラスチックボタンなどは周囲がとけて変形してしまいますので、脱色をご利用の際にはボタンは必ず取りはずした状態でお送り下さい。
 
  A8.
できます。ただ伸縮性のある素材や、絹・ウールなど縮みやすい衣料についている裏地は、衣料にひっぱられて型崩れの原因となってしまいますのでお断りする場合もございます。綿素材であれば問題ございません。
 
  A9.
できますが、 染め替えの際に高温でかき混ぜますので若干の型崩れがあります。
 
  A10.
キルティングなど、固定されている場合は若干の型崩れが出る可能性がありますが、着用自体には問題のない場合がおおいです。
ただ、染色の際に中綿が水分を吸収しますので衣料によっては破損の可能性がゼロではありません。こうした点は衣料の状態やキルトの状態、中綿の種類によりどうしても染色をしてみないと分かりません。
その為、申し訳ございませんが、中綿の染色については破損の可能性をご了解いただけますお客様のみご利用頂けますようにお願い申し上げます。
 
  A11.
申し訳ございませんが、基本的にはお断りしております。
染色の際に中の羽毛が水分を吸収しますので、中で羽毛がかたくかたまってしまいもとのような状態には戻りません。
ある程度型崩れを了解頂きましたら着用に問題のない場合も多くございますが、衣料によっては破損し着用が難しくなる場合もございます。
こうした点は衣料の状態やキルトの状態、羽毛の種類によりどうしても染色をしてみないと分かりません。
 
  A12.
「パッチ」とはウエストバンドの後ろにつく革や紙製のラベルのことで、主にブランド名などが表記されています。
「パッチ」は染め替えの際に縮み、傷んでしまいますので、必ずお客様の方での事前の取り外しをお願いしております。
もし取り外しがされていなかった場合は、お客様に連絡後了解を頂きましたうえで弊社にて十分に注意をし取り外しを行いますが、衣料によっては非常に取り外しのしにくいものもございますので、その際に万が一衣料に傷がいくような事がありましても責任は負いかねます。
また、染め替え後にもとのように縫いつけるサービスは一切行っておりませんので、取り外した「パッチ」はそのまま返却させて頂きます。ご了承下さいませ。
 
  A13.
ヒップポケットの回りなどに小さく縫い付けられたブランドを表す織りネームやジーンズ内部に付けられる品質表示や洗濯についての注意書きのラベルのことを「タブ」といいます。
これらは大抵衣料と一緒に染まります。
 
  A14.
ラインストーン、スパンコールともに接着部分の「のり」が取れて、はがれてしまう可能性がございます。
またそれぞれ種類にもよりますが、染め替えの際に変形、変色する可能性がございます。
特にラインストーンは変色によって特徴である輝きが失われますので申し訳ございませんがお断りしております。
 
  A15.
レースは素材が明記されていない事が多く、かりに明記されていても実際にはそれ以上の複数の素材で出来あがっている事がほとんどです。その為レースには部分的に染まらない箇所が出来る可能性がございます。

 
  A16.
染め替えをされます衣料の素材と刺繍やワッペンに使用されている生地や糸の素材が異素材であれば、刺繍やワッペンはそのまま残りますが、同素材であれば一緒に染まります。
刺繍糸やワッペンには複数の素材が使用されている事もございますので、その場合には衣料と同素材の箇所だけが一緒に染まる事になります。
 
  A17.
山宗ではオーガニック繊維製品世界基準のGOTS(Global Organic Textile Standard)に認可された染料を多く取扱っておりますので、ご入用の際はぜひご相談下さいませ。
 
  A18.
申し訳ございませんが、ボンティング加工の染色はできません。
ボンティング加工とは主に表地と裏地を接着剤で張り合わせてある衣類のことを言います。
染色は衣料を高温の中に入れますので、その際に「接着剤」が溶けてしまい、表と裏の生地がはがれ接着剤が中でとれて固まることで、表面に凹凸として影響を与え衣料の着用が難しくなります。
その為、ボンティング加工がされた衣料の染色はお受けできません。
不織布や、襟裏のステンカラーなども同様に接着剤が使用されていますので、注意が必要です。
 
  A19.
申し訳ございませんが「アセテート」の染色は承っておりません。 注意:「トリアセテート」はまた別の素材になります。
「トリアセテート」は化学繊維となり、ポリエステルと同様に高圧での染色が必要になります。
染色は可能ですがダメージがでやすい染色方法になります。
 
  A20.
衣料によって影響がでる場合があります。
特にポリエステルの高圧染色の場合は影響が出やすい傾向がございます。ご注意ください。
 
 

A21.
ダウンは衣料の中の羽が固まってしまい、形が変わってしまったり、ダウンの風合いが変わる為、染替えは原則お受けしておりません。

   

このページのトップに戻る